外は閉じ、内に開いた木の香る家| 株式会社 横山彰人建築設計事務所 設計コンセプト


HOME > 中庭のある家 web catalogue > 外は閉じ、内に開いた木の香る家

外は閉じ、内に開いた木の香る家

ガラス屋根の明るいインナーコートで、家族が伸び伸びと暮らせるプラン。

古くからの住宅街ではプライバシーが干渉されやすく、町並みがすでに出来上がっているため、目立つ外観は周囲から浮いてしまうことが少なくありません。Nさんのお宅は、そんな点に配慮しながら、外を閉じて内に開いた中庭プランを提案しています。道路側は開口部を少なめにして、一歩家の中に入ると開放的な中庭空間が訪れる人を驚かせます。中庭は家の中央に位置し、吹き抜けでつながる2階には空中回廊を巡らせ、さらに上部にはガラス屋根を設置。雨に濡れないインナーコートは、一年中明るい日射しが差し込む設計です。木の温もりをご希望だったこともあり、中庭の床は板張りとし、中庭に面する窓はすべて木枠としてやわらかな表情を演出。中庭にはN邸のシンボルツリーとして1本のヒメシャラを植えています。

写真:中庭のある家の風景

写真:中庭のある家の風景

「中庭を通して視線が抜けるので、とにかく広く開放的に感じられます」

インナーコートの存在は、中庭を囲むように配置された居室にも開放感をもたらしています。その秘密は「住まいの対角線」を見せたことにあります。室内で最も遠い対角線に視線が抜けるように設計してあるのです。「中庭を通して視線が抜けるので、とにかく広く開放的に感じられます」とNさん。また、安全な中庭で子どもを遊ばせ、その姿をキッチンから見守ることができることもお気に入りとのこと。中庭を介して家中どこにいても家族が互いに気配を感じ取れるのも、この家の大きな魅力になっています。
ところで、中庭の板張りは簡単に取り外せる仕組みで、将来はここで家庭菜園を楽しめるようになっています。日射しも十分なので、家族のコミュニケーションの場としての可能性も広がります。

写真:中庭のある家の風景写真:中庭のある家の風景

Data

◎家族構成:夫婦+子供1人 ◎敷地面積:141.30㎡ ◎延床面積:140.13㎡(1階 81.00㎡ 2階 59.13㎡)
◎構造:木造2階建て ◎中庭のタイプ:屋内(インナーコート)
図面

家の中央にインナーコートを設けたプランです。中庭上部はガラス屋根で、ここから導かれた日射しが吹き抜けを介して家中に届きます。1階はLDK、2階は個室と、それぞれ中庭に接するように配置され、1階と2階でも家族がコミュニケーションをとることが可能です。ガレージはビルトインタイプで上部にはルーフバルコニーが設けられています。

12