HOME > 住まいづくり > 中庭の魅力と効用について 中庭・バティオ

住まいづくり住まいづくり house_making

中庭のある住まい 

中庭の魅力と効用について

中庭の植栽

私は、よく中庭(パティオ)を設計の中で取入れます。

中庭が外の場合も、樹木自体を住まいの中に、いわゆるインドアガーデンのようにする場合もあります。今の住まいで一番欠けていることは、住まいに部屋数だけが並び、空間の広がり感がないこと、家族の一体感を感じられる求心的なものがないこと。そんな解決のひとつの方法として、中庭を住まいに取り入れます。
以下中庭を実際の住まいに取り入れたことによって、得られた良かったことを記します。

中庭の効用について

建物に囲まれた庭は室内の一部として感じることが出来るので、建物の実際的な面積より広がり、奥行、そして陰影を生み出す。どの部屋からも中庭の植栽やオブジェが見え、住まいの求心力や家族の一体感が高まる。中庭が 京都の中庭のように光や風の井戸となって、通風循環がよく、健康的な住まいになる。人に与える心理的な影響については、中庭を通してどの部屋からも家族の気配を感じ、コミュニケーションや家族の絆が自然と高まるようになるなどなど・・・。かつての日本家屋や間口が狭く奥行きが長い京都の町屋には、必ず中庭があって、太陽の光や風を採り入れるばかりではなく、暮らしにうるおいをもたらしてきました。現代においても京町屋は、忘れ去られるどころか現在の住宅が見失ったものを町屋に見い出そうとさえしています。

中庭の魅力について

私の事務所では、中庭(パティオ)の設計をよくしますが、どのお客様にもとても喜ばれています。お客様にとっても「中庭のある家」に住んでみて、最初に考えていた中庭のイメージ以上に様々な魅力や思っていなかった発見があるからですが、実際に「中庭」にはどんな魅力や発見があったのでしょうか。(この場合の中庭は、外部の場合でも、家の中でも同じ意味をもっています。)

中庭のある家 Nさんの住まいの敷地面積は20・5坪の狭小中庭住宅。明るく広がりのある住まいです。Nさんの住まいの敷地面積は20・5坪の狭小中庭住宅。明るく広がりのある住まいです。
中庭のある家 20坪 狭小住宅1中庭のある家 20坪 狭小住宅2
中庭のある家 20坪 狭小住宅3中庭のある家 20坪 狭小住宅4
中庭のある家 20坪 狭小住宅5中庭のある家 20坪 狭小住宅6

クリックすると拡大します。


中庭の住まい断面図トップライトからの光が家全体に行き渡り明るい住まいに。トップライトからの光が家全体に行き渡る明るい住まいに。1. 光があふれ、風が通り抜ける 2. 都市型の密集地でも充実した開放感とプライバシーがしっかりと確保。 3. ダニ、結露対策にも有効 4. 家の中に中庭をつくり、5m以上の植栽を植えることによって家に居ながら森林浴を楽しめて健康になり、家族に安らぎのシンボルツリーとして機能します。 5. 屋根のトップライトや上部から入る光は、1階の隅々まで入り、1階が日の射さない部屋でもトップライトの光は明るくします。


1階から入った風や部屋の匂いも気圧の差から自然に上昇し、トップライトや上部の窓から抜けていきます。一般的な部屋が並んだだけの家とくらべてどうでしょうか。1階の小窓と屋根のトップライトや上部の窓を開けておくだけで新鮮な空気が一日中流れています。もちろん、ダニや結露も発生しません。

中庭の緑が暮らしに豊かさと潤いを生み出す。  

中庭の緑が暮らしに豊かさとうるおいを生む「緑」は空間を引立たせます。中庭に6mほどの植栽を植えたお客様の声です。朝、目がさめ、寝室のドアを開けると緑の匂いと、葉のみずみずしい緑を見ると、今日も一日がんばろうというエネルギーがわいてくると言います。この住まいは「白」が基調の空間なので、ひときわ緑があざやかに映り、夜にはまわりの照明を消して、間接照明とスポットライトの光で浮び上る緑はひときわ美しく、特に月の出ている日はトップライトからの月の光でとても幻想的な雰囲気ですと喜ばれています。

クリスマスには子どもが電飾のイルミネーションを植栽に飾りつけ、家族中で楽しむそうです。また、ご主人からは会社から帰りベンチに座って植栽を見上げると、疲れもストレスも消えると喜ばれています。緑が身近な手の届くところにある中庭は、敷地面積が狭くても (このお客様の土地面積は20坪です) 可能ですし、暮らしに安らぎと豊かさをもたらすことを約束します。家族の気配が分り、コミュニケーションが生まれます。

「家族の一体感」と「安心」

中庭を通して気配が分り、声も届く住まい中庭(パティオ)を取り囲むように部屋があり、中庭側には窓があります。部屋が離れていても中庭を通して気配が分り、声も届きます。子ども部屋なら今勉強をしているのか寝ているのか、リビングルームからも自然に分り安心です。これまでの部屋と部屋が廊下でつながっている家族とくらべて間違いなく会話も増え、家族の一体感が生まれます。ある奥様からは、中庭の植栽の成長や季節の変化は、よく家族の団らんの時の話題にもなりますとのお話でした。「中庭のある家」 は空間に広がりと陰影を生みし、いつまでも魅力ある空間です。
現代の住まいに空間的に欠けているのは 「広がり感」 と 「陰影」 ではないでしょうか。部屋と部屋が廊下と壁で囲まれた家はいくら大きな家であっても広がり感はなく、閉塞感がただよっています。「中庭のある家」 は、目線は対角線に見通すことができ、実際の面積以上の広がりを感じることができます。そして、その間には吹抜があり、トップライトの光がふりそそぎ、空間に変化と緊張を与えます。それは住まいに奥深さと陰影がある豊かな住まいが生まれます。

中庭の施工実績を見る


横山彰人建築設計事務所 

HOME
設計コンプトについて
住まいづくりについて
居心地・癒し・場所3つの「い」居心地・癒し・場所3つの「い」
a1_05.png
中庭の魅力と効用中庭の魅力と効用
a1_07.png
エコ住宅と設備における国の補助金、助成金エコ住宅と設備における国の補助金、助成金
a1_09.png
夏涼しく・冬暖かい家をつくる。自然素材と機密、断熱性能夏涼しく・冬暖かい家をつくる。自然素材と機密、断熱性能
a1_11.png
設計料金について設計料金について
a1_11.png
設計監理・他社との違い設計監理・他社との違い
a1_15.png
お見積もり・コストダウンの特色お見積もり・コストダウンの特色
a1_17.png
小さくても豊かな狭小住宅小さくても豊かな狭小住宅
a1_19.png
家づくり設計事務所
WORKS 施工実績
家づくりの流れ
住宅設計料金について
お客様の声お客様の声
プロフィール 会社概要
横山彰人の日記
お問い合わせ

横山彰人 著書の紹介
メディア情報
横山彰人の小説・エッセイ

コラムと特集
住まいの相談室・セカンドオピニオン
住まいのQ&A
住まいの講演依頼

土地紹介は無料です! 建築家と一緒に土地を探す ネットワークと協力体制で万全のサポート体制です。
リフォーム・リノベーション 家族が主役の住まいへ
住宅相談専門サイト オールアバウトプロファイル 住まいの疑問やトラブルが相談できる。